”戦後最大のメディアのイス取りゲーム”を実感する日々

”戦後最大のメディアのイス取りゲーム”についてはもう何度も書いてきた。書いてきた上にしゃべってきた。人前で話す機会があると一時期必ずといっていいほどとりあげ、その後もネタに詰まるととりあげてきた。

何か知らない、って人は相当まずいので、もう半年前だけどアスキー総研のこのサイトのこの記事をすぐに読もう。遠藤所長が書いたこの記事は、下の方の「去年から今年、デバイスの利用はこんなに変わった!」の”図”とともにメディアについて語る者どもの間では話題沸騰したのだ。ぼくなんかこの”図”をホントに何度も使った。ついこないだも、TBSメディア総研が発行する「調査情報」というメディア論の雑誌に「ソーシャルテレビの時代へ」と題した原稿を書いた時にも使った。

ついでだから、もう一回ここで出しちゃおう。使うたびに遠藤さんに断ってるけど、今回はお話する時間がない。ので、あとでお許しを願おう。すみません、遠藤さん!勝手に使っちゃいます!
使っちゃうから宣伝もしよう!皆さん、メディアに関する調査やコンサルと言えば、アスキー総研ですぞ!最近では映画についての調査も引き受けたりしているそうです。幅が広いなあ!(ステマじゃないよ汗)

さてこの”戦後最大のメディアのイス取りゲーム”なんだけど、ぼくなりの受け止め方は、やはりソーシャルテレビじゃないか、ということ。デジタルツールはとにかく、スマートデバイスに集約されつつある。きっとこの先はタブレットも伸びるはずだ。

一方、テレビの視聴時間はぐいっと減少してはいるものの、やはり王座には鎮座している。そしてスマートデバイスで使うのはソーシャルメディアだ。ようするに、ソーシャルとテレビでソーシャルテレビ現象が進行しているなあと。自分の興味分野に持っていって受けとめているわけ。でもまちがいではないよね。

話は変わるけど、こないだある大学で一日講師をやった。これは去年も引き受けてその様子をこのブログで書いている。社会人講師を呼ぶ特別な催しをやっている大学の方にお声がけいただいたという次第。

今年は二回目ということで慣れたし、楽しい生徒たちだったのでリラックスして臨めた。そして去年も聞いたのだけど、生徒たちのメディア状況を聞いてみた。そして驚いた。

スマートフォン持ってる人!はーい!・・・全員!・・・なんと、全員スマートフォン所有者だった。

去年は12名中5名がスマートフォンで、ガラケーの方が多かったのだけど、今年は10名の生徒のうち見事に全員!まさしく、戦後最大のイス取りゲームだわ!三回生向けのプログラムなので、去年の三回生と今年の三回生を比較していることになる。

それから、ソーシャルメディアについて聞いてみた。Twitter、Facebookそれぞれ4〜5名ずつ。去年はそもそも両方ともみんなあまり知らなかったのに!そしてLINEは9名!

それから、mixiは3名。だけど、この半年ほどさわってないなあ、そう言えば、という状態。

アスキー総研の”図”の通りだし、スマートデバイスとソーシャルメディアの普及がこの一年でものすごい勢いで進んでいることが実感できた。

もうひとつ、最近仲良くしているウジトモコさんのイベントにこないだ行った。そこで”ハリトレー”という独創的な名刺入れについて教わった。ウジさんがお手伝いしている製品だそうで、いま秘かに大ブレイクしているらしい。詳しくはこのリンクのサイトで説明を見て欲しい。

このハリトレー、ある時テレビでとりあげてもらえたそうだ。そしたらすごい勢いで売れた。そしてどうやら、テレビを見た人がスマートフォンのサイトで検索してさっそく注文してようなのだと言う。年配層がスマートフォンを持ちはじめたタイミングでちょうどそういう導線のプロモーションが成立したのではないか、と推測できるのだそうだ。

これこそスマートテレビ的な現象!”戦後最大のイス取りゲーム”の進行を示す現象だと言える。しかも、マーケティングを動かしちゃいそうな事例だ。

そこに遠藤さんが”戦後最大の”と冠をつけた意味もあるのかもしれない。このメディアの異変は、大きく物事を変えようとしているのだ。ひとつは、世論形成。もうひとつは、マーケティング。それが、業界人とか、メディア論を追求するような特殊な人種ではなく、普通の人びとに起ころうとしている。ホントに世の中が変わるというのは、そういうことだろう。

こういう、”メディアのイス取りゲーム”を具現化しているような現象は、きっとあなたの身近でも起こっているんじゃないかな。そういうのあったら教えてくれないすか?

だってけっこうね、この変化は重要な気がするよ。起こるべきことが、マジョリティの間でも起こりはじめている。そしてそれは何と言っても”戦後最大”の変化なのよ。てことは、メディア構造のパラダイムシフト的な変化だってことなのよ、たぶん。大変なことなんじゃないかな・・・?

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>