盛会でした!ソーシャルテレビ推進会議・半期報告オープンセミナー

今年の4月からはじめた勉強会”ソーシャルテレビ推進会議”。半年経ったねということで、いつものクローズドな会合とは別に、誰でも参加できるオープンセミナーをやろうということになった。その告知はこのブログでも行った。境塾でも使ってきたATNDで申込を募集したら、80名の定員枠に告知から一週間で100名の申込があってビックリ。幸い、お借りするVOYAGE GROUPのセミナールーム”PANGEA”がかなり広い場所なので、150名に慌てて増やしたら、さらに190名までふくらんだ。

考えてみたら、推進会議のメンバー自体が90名近くになっているし、それぞれ影響力のある方々なのでメンバーの皆さんが触れて回って情報は広がったのだろう。とは言え、ゲストが誰かさえ明らかにしていなかった当初からぐいぐい申込が増えたのは、ソーシャルテレビの分野への関心が高まってきた証しだと思う。

さて当日のメニューとゲストは以下のようなこと。

報告:ソーシャルテレビ推進会議活動報告
第1部:TVアプス大集合
 モデレーター:中山理香(VOYAGE GROUP)
 ゲスト:原浩生(日本テレビ)、西村真里子(バスキュール)、伊與田孝志(ニフティ)、野村亮介(GREE)
第2部:スマホ&タブレットコンテンツの最新動向
 モデレーター:深田航志(ビデオリサーチインタラクティブ)
 ゲスト:矢島聡(NHN Japan)
第3部:あいつに言わせろ!ソーシャルテレビ
 モデレーター:境 治(ビデオプロモーション)
 ゲスト:山脇伸介(TBS)、河瀬大作(NHK)

起ち上げメンバーであるぼくと中山さん、深田さん、それぞれのスタンスでのコーディネイトでアプリ開発と動向分析、番組制作と、3つの角度からソーシャルテレビを見ていこうという趣旨。このちがいもよくできているなあと我ながら思ったり。

当日は、Ustream配信も行った。これは、推進会議のメンバー木下浩一さんのおかげです。少しだけご紹介すると、木下さんは今年の春まで関西キー局・朝日放送を辞めて独立。ラテラルという新規事業会社を起ち上げた。その事業の一環として、フリーランスのテレビマンをネットワークして映像製作の依頼にリーズナブルに応える仕組みを始めた。そのプロモーションということで、今回配信をやってもらえた。いやー木下さん、ありがとうございました!

Ust映像はアーカイブされているので、ここをクリックして見てみてください。長いけど、充実していると思うよ!

爆笑シーンをピックアップしているだけで、マジメなトークもちゃんとあります


さっき190名の申込があったと書いたけど、実際の来場者は100名ほどだった。椅子が足りるかなどとキンチョーしたのは杞憂だったね。まあ無料の気軽なイベントなのでそんなものかな。補欠になった方も来ていいよと告知したのが遅かったのもあったかなと反省。

それでも、100名ほどがひとつの部屋に集まるのはかなり空気が盛り上がる。会場からも”熱気”が漂っていた。そんな中、3つのパートそれぞれ面白い内容になったと思う。

ぼくが担当した第3部は、その前より出演者の平均年齢が高いのだけど、逆に熱いというか暑苦しいというか、そんな空気だったかもしれない。でもこの手のイベントとしては笑いが多く、楽しんでもらえたのではないかな。笑えたのはほとんど山脇さんのおかげなのだけど。

終了後、そのまま会場で懇親会。このオープンセミナーでディスカッションと同じくらい重要だと思っていたのがこの懇親会だ。ぼくはソーシャルテレビを考えていく上でいちばん大事なのは業界の垣根を越えた意志共有だと思っている。

これまでぼくたちは、各分野に閉じこもって生きてきた。分野を超える必要があまりなかったからだ。各業界の各分野が”完成”されていたからだと思う。”マスコミ”の分野でもテレビと新聞と出版とはそれぞれ交じり合うことは少なかった。そればかりか、テレビの分野でも番組制作と広告制作は交わらずにやってきた。あるいは、スポンサー企業と番組制作者は交流がほとんどなかった。番組制作はスポンサー企業が出す広告費が原資だったのに、だ。あるいは、テレビ局同士で話す機会も少なかったのではないだろうか。

テレビ創成期がそうだったように、ぼくたちはもう一度、垣根を越えて喧々諤々やらなければならない。テレビというメディアを”もう一度生み出す”必要があるし、ソーシャルとの関わりを”探検”するのだ。それはワクワクする作業だと思う。ソーシャルテレビ推進会議は、そのための場のひとつとして、機能させていきたいと考えている。

そう、だからここであらためて呼びかけよう。この勉強会はふだんはクローズドなメンバーで集まってやっています。興味あるなら、まずはぼくにご連絡を。sakaiosamu62@gmail.comまで!

さてこのオープンセミナーは、また半年後あたりでやろうと思う。今回参加できなかった方は、次回を待たれよ。このブログなどで告知するから、見逃さないでね!

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>