再編をたくらもう〜クリエイティブ維新その10〜

誰と、何を、どう組むか、ってところがもはや、重要になってきていると思うんだ。

というのは、今までの世の中は垂直だった。

ここでいう垂直というのは、ずいぶん前に書いたけど、あらためて別の言い方すると、この国のあらゆる業界は”ゼネコン構造”だったのね。

何らかの利権がね、だいたいあるわけ。その利権を確保できてるおっきな企業がまずいくつかあるわけ。その”おっきな企業”の下に、その下請けや孫請けが垂直に連なっている。すごく乱暴だけど、どの業界もそういう構造だった。

それがバブルがはじけてもなんとか持ちこたえてきたんだけど、面白いことに去年の下期からその構造があっという間に、ガラガラガラガラっとすごいイキオイで崩れつつある。それが”いま”という瞬間。今期という時期なんだね。

垂直がダメになりつつある。すると次は、”水平”だね。

どう、誰と、どんな目標で、”水平”につながるか。

おそらく、あらゆる業界でそんな模索がはじまるだろう。

そして、あ、このカタチだね、この水平だね、という”組み方”を見出せたやつらが、勝つ。

そういうことになってくるんだろう。”だろう”と言いつつ、わりとまちがいなく、そうなると思う。

それが”再編”。

おっと、まちがってはいけないよ。いままでの”元締め”みたいにおっきくなることはさほど重要じゃないの。いやもちろん、小さければいいってもんじゃない。むしろ、ある程度の大きさは必要さ。だけど、”トップ”をめざす必要はない。むしろ、大きさがじゃまになったりもする。

そうだなあ。五十人とか、百人とか、三百人とか、それぐらいの”チーム”があって、なんらか特殊技能を持っている。そんなチームが複数で”組む”。すると、大きなパワーになる。そういうチームをうまく再編していくわけ。

うーん、抽象的?

でも、よーく世間を見渡すと、なるほどなー、って思えてくるはずだよーん。

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>