速報!テレビ局四半期決算〜メディア事変その21〜

テレビ局はどこもだいたい3月決算。だからこの四半期は4−6月の第1四半期決算の数字ってことだね。

まずフジテレビ。売上高は141,769百万円だった。(こう表記して、1417億69百万ってことね。会計的な数値表記だけどこの機に慣れようね)前年増減率は0.1%だけどプラスだった。あ、なーんだ、プラスじゃん。メディア事変とか言ってて、事変じゃないじゃん。・・・そう思う?

いやいや問題は営業利益だよ。9,530百万円(しつこいけど95億3千万ってことね)で前年増減率-19.6%。これは痛い。売上高は前年と変わらなかったけど、営業利益は2割ダウンだった。

売上高も事業規模の数字として大事だけど、それより大事なのが営業利益。事業としての収益性を表す数字で、ここが下がると、ダメじゃん、ってことになる。それがフジテレビは2割も下がったんだって。

ただ、フジテレビの場合は通期予想では去年よりプラスに巻き返す、と言っている。まあ、3月までに回復できれば、いいわけで。どうなることやら。

次に日本テレビ。ここはさらに痛い。売上高が8,052百万で-4.8%。まず売上高が去年より下がっちゃってる。そして営業利益は2,874百万と、なんと去年と比べると-61.8%。

ええー?!利益が6割も下がっちゃったよ。これはまずい!ってことで、日本テレビは役員報酬を10%下げます、って発表している。上場企業だから責任とりますって言わなきゃいけない。つらいね。ちなみに、他の局ではすでに役員報酬ダウンを発表しているところもあるよ。

それから、日本テレビは通期の予想も修正しますと言っている。通期の営業利益が13,400百万で-41.9%になると予想している。ちなみにこないだの3月の決算でも営業利益が-24.0%だったから、2年続けて営業利益が大きく下がることになるわけ。

最後にテレビ朝日。ここは意外に売上高64,252百万で去年より3.0%増えている。ただ営業利益は3,983百万と-10.1%。1割下がった。

あ、でも、フジや日テレと比べるとまだいいんじゃない?いやいやいや。テレ朝も通期の予想を修正していて、営業利益が-58.4%と発表した。利益が6割近く下がる!

テレビ朝日はこの3月の決算でも営業利益が-27.1%だった。おととしの3月決算では170億あった営業利益が去年の3月決算では136億になり、こないだの3月決算で99億まで減った。それが来年の3月決算では41億になると言っているわけ。3年で利益が4分の1以下になっちゃう!

すごい勢いで利益が減っている。

どうなっちゃうんだろう?・・・あれ?暗いことばっか書いてたんで、次から明るい話に入るつもりだったのに・・・ま、でも、落ち着いて、状況を把握していきましょ。ね。

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>