テクノロジーとの融合をクライアントが求めてる〜メディア事変その13〜

これはほんの2年ほど前の話。まだコピーライターとして仕事をしていた頃にね。

ある商品の新聞広告制作の仕事をしてたの。その商品はお店でも売ってたけど、通販でも売ってた。新聞広告は、お店で売るための支援でもあり、通販につなげる役割も相当担っていた。通販は電話でも受付けるけどやっぱネットだよね、ってことでEC(Electric Commerce)サイトもある。新聞広告でもECサイトのアドレスを掲載していた。続きはウェブでの新聞広告版だね。

ECサイトにも商品を紹介する部分があった。ところがね、その部分はECサイトを構築しているネットワークソリューション会社がつくっていた。その会社から発注しているWEBデザイン会社がやってたわけ。当然、ぼくらが制作している新聞広告とデザインがぜーんぜんちがう。それはどうなの?って思うでしょ。

ぼくらは、ある広告代理店から依頼を受けて、グラフィックのデザイン会社とぼくとでチーム組んで仕事していた。あっちは、ECサイトのシステムを引受けている会社経由でWEB制作会社がつくってる。ついでに、クライアント側も、宣伝部が代理店に発注し、システム部門からネットワーク会社に発注している。上流から分かれてるから、ちがうもんになるのは当然だ。

ところが、消費者からすると、同じ商品をとりまくデザインワークが別々なの。新聞広告を見て、買おっかな、と思ってウェブサイトに行くと、あれ?なーんか新聞とイメージちがう、ってことになる。

ぼくらは、ECサイト側とデザインをなんとか共通化させようと四苦八苦したし、クライアントもそうしたい、と言ってたんだけど、とにかく上流からして分かれてるから、打合せのセッティングだけでも大騒ぎで、結局うまくいかなかった。

変でしょ?

おそらく、いまこんなことが、そこいら中の企業のコミュニケーション活動の中で起こってるわけだ。2年前のその仕事は、たまたま”EC”という広告とシステムのわかりやすい接点を持っていたので、いち早く体験できたけど、ECに限らず、あらゆるパートで広告とシステムがつながりはじめているんだ。つまり、クリエイティブとテクノロジーはいま、力を合わせないといけないんだよ。

ITによって、インターネットによって、システムと広告がつながってきた。ITはもう古いよ、ICTだよ、って言うでしょ。Information & Communication Technology!インフォメーションとコミュニケーションがテクノロジーだってわけだ。

なんか、すごいことになってきたんだよ!

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>