スマートTVとサマーウォーズとJoinTVと中島聡さんの話

今朝書いた記事に続いて本日2回目の記事だよ。あんまりやらないんだけど。

ケーブルテレビコンベンションという催しが大手町サンケイプラザで先週の水木と行われたので見に行った。KDDIが開発したスマートTVボックスが主目的。これはなかなかよくできていた。少なくともスマートTVと言える日本製の製品は初めて見たんじゃないだろうか。最初の画面でいきなり放送が映るのではなく、テレビを選ぶかアプリを選ぶか、というインターフェイスは新鮮だった。

ぼくは展示会場だけしか見なかったが、講演などもあったようだ。で、”Life is beautiful”というブログで有名な中島聡さんも講演していたとあとで知った。知ったのは、そのブログに中島さんが書いてらしたからだ。なんと、「セットトップボックスにAndroidを載せれば何とかなる、なんてとんだ勘違い。そんな甘い考え方でいたらケーブル業界は必ず負ける」と言っちゃったのだそうだ。中島さんの前にKDDIがAndroid搭載のスマートTVボックスの説明をしたのだそうで、直後にKDDIの最新兵器を否定した格好だったと。

そのブログを読んだ土曜日、ある会社の研修で講演してくれと言われて行った。講演者は二人で、もうひとりがその中島さんだった。2年ぐらい前に一度お会いしているのだが、あらためて名刺を交換。さっそくブログでケーブルテレビコンベンションのこと書いてらっしゃいましたねと、今朝読んだばかりのことを話した。

他にもいろいろ話した。中島さんは基本的にアメリカ在住で、日本には用事がある時、年に3〜4回来るそうだ。だから日本のメディアの最新事情はあまりご存知ない。

テレビとソーシャルの話になったので、日本でもこのところそういう動きが活発なんですよと、JoinTVの話をした。金曜日の夜の金曜ロードショー『サマーウォーズ』でもJoinTVとの連携があったんですと、iPhoneで撮った写真をお見せした。

こんな風に、データ放送画面にFacebookのお友達が出てくるんです。そう言うと中島さんは「えー!こんなことできるんですか。これって初めてですよね」と感心してらした。中島さんはブロガーとして有名だがその前に実績あるITエンジニアだ。その中島さんが感心したんだから、なかなか大したことなんじゃないかな?・・・って別にぼくが開発したわけじゃないけど、ソーシャルテレビ推進会議なんてことやってて、JoinTVの仕掛け人、日テレの安藤さんもよく知っているので、中島さんに自分も褒められたような気分だった。

で、金曜日に行われたその『サマーウォーズ』でのJoinTVの連携の試み。ぼくも参加したわけだけど、実はJoinするまでにけっこう時間がかかってしまった。JoinTVとFacebookのやりとりの制御の問題があったようだ。ログインできないよおー、とFacebook上で叫んでいたら安藤さんが「いじったんだけど、どお?」と聞いてきてくれた。で、ジョインできたというわけ。別にぼくのために、ということでもなく、ログインできない人がけっこういたから調節してくれたということね。

ジョインしたら、Facebook上のお友達と映画についてやりとりしたり、途中で出てくるクイズを話しながら考えたりして、かなり楽しめた。クライマックスで主人公が「よろしくお願いしまぁぁぁす!」と叫ぶのだけど、その時もJoinTVで「皆さんご一緒に」的な促しもあった。もちろんぼくも一緒に叫んだよ。

というわけで、前半でジョインできなかったことも含めてぼくは楽しかったのだけど、川田さんという方のブログで、けっこう批判的な記事が書かれていた。AR三兄弟のひとりでもある川田さんのブログということで、けっこうバズっていたようだ。JoinTVの応援者としてはちょっと残念。記事の中でJoinTVのユーザー数が出てくるけど、これはまちがいではないかな?というか、ユーザー数はとくに発表してないはずなんだけど。

まあでも、記事の中の批判点はおっしゃる通りでもあったりする。LANケーブルさしてないとダメだしとか、ジョインするまでの段取りとか、ややこしいと言えばややこしいかも。ただ、後半で書かれている、作品との結びつきは少なくともぼくは気にしなかった。というのは、ぼくはこの作品を劇場で見て、テレビ放映でも見ている、つまり2回見ているから。JoinTVもそういう人の前提でいたんじゃないかな。まあ、そう標榜していたわけじゃないけどさ。

という、このところ起こったことを書いただけの、ほんとに日記みたいな記事だけど、それぞれが少しずつ関係していて面白いので書いちゃった。

ところで、中島さんが今朝のぼくの記事を読んで、呼応した内容の記事を書いてくださった。なんだか光栄!ぜひ併せて読んでみてくださいな!

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>