大急ぎで大ざっぱに、ソーシャルテレビ実験番組「MAKE TV」視聴レポート

この6日の深夜、12時55分から、TBSで「MAKE TV」という番組が放送された。

なに、それ?という方は、このリンクの記事をざっと読んでください。ソニー提供で、双方向テレビの実験を地上波でやっちゃおうという意欲的で野望あふれる企画だ。こちらも、やる気満々でこの数日間楽しみに待っていた。それがいよいよやってきた!

できれば”DOT SWITCH”というandroidアプリをスマートフォンで用意しておこう、というので、娘の愛機Galaxyを懇願して借りた。テレビの前にiPadもMacBookも準備して、さあもういつでもかかってこい!という意気込みで深夜を迎えた。

TBSアナウンサー田中みな実と、いとうせいこう氏が司会で、ロッチがにぎやかしで出演。そして海外からKARMINという男女デュオが来ていた。彼らのミュージックビデオをみんなでつくるのが番組の趣旨。

大きな倉庫を借りたというスタジオに巨大なセットが組まれている。ひとつひとつに仕掛けがしてある。スイッチが入ると、ピタゴラスイッチ的な仕掛けが動き出し、何かが起こる。

そのスイッチをテレビを見ているみんなで押すのがポイント。もちろん”スイッチ”とはさっきダウンロードした”DOT SWITCH”アプリのことだ。画面の中に白い”丸”があるだけの、シンプルなアプリ。この丸い部分を押すことで”スイッチ”を押したことになるわけだ。

またWEBサイトもできていて、番組と同じ映像が流れる。”DOT SWITCH”はWEBアプリとしても用意されているので、PC上で”テレビ×アプリ”を体感できる。

いよいよKARMINたちが唄いはじめ、スタジオ中を踊り歩く。途中途中の”仕掛け”の前で、画面に”PUSH”の文字が出てくるので、”DOT SWITCH”を押す。たくさんの人が押して一定人数に達すると、仕掛けが作動して”CLEAR”となる。これを曲の最後まで繰り返していくのだ。
PC画面はこんな感じ。右上が”DOT SWITCH”

かなり慌ただしい。次々に”PUSH”の文字が画面に出てくるので、言われた通り”DOT SWITCH”を押す。見る見るうちに人数が増えて仕掛けが作動する。何がどうなったのかな?それを確かめる間もなく次のステージへ。”PUSH”と言われるのでまた押す!
各端末を総動員して4画面方式?
最初は気分が盛り上がった。ゲームをテレビ放送と一緒に楽しんでいるような。テレビ画面がある。PCで同じ映像が流れる。でもそこには若干時間差がある。指示が出たらアプリを押す。そんなことを次々に。2画面方式でさえなく、テレビ、PC、androidにTwitterを追うiPadも合わせると4画面だ。

テレビ放送とWEB上の画面には微妙に時間差が生じて、それも面白い

どどどどどーっと曲が進み、演奏終了。”PUSH”の指示もなくなって”THANK YOU”の文字が出た。

うーん、慌ただしかったなー。あっという間だったし。なんて余韻に浸っているうちに、番組は終わってしまった。あれー、早いねえ・・・

こうしてでき上がった映像が、KARMINの曲のミュージックビデオとして観られるらしい。そこが期待ポイントなのかな?・・・ただ、正直言って視聴者側としての”参加してる感じ”はあんまりなかったかなー。

結局いちばん盛り上がったのはそのあと、ソーシャル上でこの番組についてお友達とやりとりしたこと。けっこう皆さん観ていたんだよね。

などなど、感想とか、思うところはいっぱいあるけど、とりあえずのレポートとしてこの記事をあげておこうね・・・

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>