おれの知りたいニュースを教えてくれるのはiPhoneだった!

最近、ツイッターにはまってる。はまってるとは言え、ぜんぜん自分ではつぶやいてないのだけど。でも、”賢人”のみなさんのフォローをするだけですごい重要な情報が入ってくる。追いつくのが大変だぜ!ってんで、最近はケータイでもツイッターを読むようになった。

・・・ところがね、これが不便なの。賢人たちはよくブログについてつぶやく。PCならその元のブログにパッと飛べるのだけど、ケータイだと、読めないページが多々出てくる。それに、ケータイってこういう時、おそ!と感じる。こういうことに向いてないんじゃないあんた?って感じ。

で、iPhoneはツイッターにいい感じだ、という噂を聞いた。買ってみよっかなー、と悩んでいた。悩んでいた矢先に、こないだの金曜日に一緒にごはんを食べたお二人が、iPhoneユーザーだった。二人で、ツイッターは何で読んでる?などと話している。あー、うらやまぴいー!

しかもだ!そのうちのおひとかたはなんと、60代後半の悠々自適ライフをお過ごしのご年配の方だ。これはびっくりした。もちろん、その方が特別にお年を召しても新しもの好きなのだろう。その方を標準的にとらえてもしかたなかろう。だがしかーし!やはり目の前で20歳ぐらい年上の方に見せびらかされては、いや、ご本人は見せびらかしてなどいないわけだが、見ているだけでそんな気持ちになっちゃうのよ!

というわけで、翌日さっそくSOFTBANKショップを調べたら、隣の駅にあるじゃないの。すぐさま電話したわけ。そしたら在庫あるっちゅうわけ。これは買いに行くしかないだろう。

さてそこではたと悩んだ。なにしろこないだ妻と、新聞をやめるかどうかディスカッションしたばっかりだ。ケータイがあるのにまた買うの?と重たいディスカッションになりかねない。それにケータイ関係を2つも持ち歩くのは不便だろう。いまは番号そのままサービスもあるんだし、乗りかえるか・・・・とそこまで考えて、ああー!!と気づいた。

おサイフケータイどうすんの?

私はDCMXに加えてSuicaもEdyもおサイフケータイで使っている。通勤の改札からお昼の買物、帰りがけに書店やコンビニで買物する時も、ぜんぶおサイフケータイ。小銭を持たなくて済んでなんとベンリだ、と。実際ここんとこ、銀行でお金をおろすことがなくなった。足りなくなったらケータイに通信でおカネを補充する生活。もはやおサイフケータイ抜きの生活は考えられなくなっている。

というわけで、妻とのヘビーなディスカッションを覚悟しつつ、乗りかえは諦めた。

さて隣町のSOFTBANKショップへいそいそと出かけ、あっという間にiPhoneユーザーとなった。前の晩に会食したお二人にはさっそくiPhoneからメールで報告。私を刺激した年配の方から「ハレルヤ!」と歓迎の返信が来たよ。へっへっへ。

こういう次第でこの土日はiPhoneをいじりたおした。そいでね、これは画期的!自分の中でパラダイムシフトが起きたよ。この感覚はどっかで味わったなと思ったら、自分のMacを買ってすぐさまモデムでネットにつないだ時、あれに似ている。あの時、自分の仕事のやり方が大きく変わった。と、思う。ついでにどこか考え方にも変化が起きた気がする。同じように、iPhoneは大袈裟に言えば第二のIT革命だよ、これは。

いちばん変わるのは、情報収集だ。いままでは、何のかんの言ってもテレビや新聞が先にあって、そいでもってMacだった。でもこれからは完全に情報収集の中心にiPhoneがどでんと存在することになるだろう。しかもテキストも写真も音声も映像もすべて含んじゃう、呑み込んじゃうんだなiPhoneが。

という、事の顛末を書いていたらもう寝なきゃいけない時間だぜ。何が第二のIT革命かって続きは明日ね。・・・あれ?いろんなこと続きを書かなきゃいけない気がするなあ・・・

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>