【メディアコンテンツ業界への警鐘】博報堂DYグループ、1Q赤字ショック

博報堂DYは去年の第1四半期も赤字だった。だからびっくりすることもないんじゃない?

いやいや、確かに去年そうだったけど、意味がじぇんじぇんちがうんだ。去年はね、引越費用が販管費を押し上げたという、立派な理由があったんだ。今期はそういう”とくべつな”理由はない。純粋に、事業としての結果が赤字だったの。

まず売上高が214,239百万と、40,585百万減、15.9%減だった。

そして営業利益が2,046百万の赤字。去年の同時期は250百万の赤字だったから、さらに1,795百万も利益が減ったことになる。

営業利益ってわかる?売上高から、売上原価と販管費を引いたもの。そこが赤字だってことは、事業として問題ありだってことになる。

売上高15.9%減ってのは、7月20日に書いた日経広告研究所の09年度のマス広告費の予測(前年比15.1%)とほぼ一致するから怖い。こんな調子で今年度は進んでいくということだ。

ぼくは正直、大手広告代理店は赤字にまではならないんじゃないかと思っていた。テレビ局がやばいんでね?と思ってたんだけど、結果は逆で、テレビ局は少なくともこの1Qでは赤字にはなっていない。

これはつまり、テレビ広告費減に加えて新聞雑誌広告費の減少も広告業界に大きく影響しているということだね。

博報堂が赤字だってことは、博報堂から受注していたすべての広告業界の事業に影響を及ぼす。CM会社もデザイン事務所もイベント会社もマーケティング会社も調査会社も音楽プロデューサーも撮影スタジオもポストプロダクションも、何もかも、どれもこれも、やばい、ってことだ。

今期は嵐が吹きまくっている。危機感を持とう。そして、それでも前へ進んでいこう。ほふく前進してでも・・・

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>