スマホ動画は裏通りの解放区か?未来のメインストリームか?〜セミナー「スマホ動画の最前線」のお知らせ〜


スマホ動画がいま、何かと面白い。映像メディアを考える者としては、いよいよ注目すべき舞台になってきた。

まずAbemaTVは何なのか、どうなのか、という議論はホットだ。テレビ界隈でもネット界隈でも注目されている。初めて見た時、スマホ上でテレビが視聴できることにかなり驚いた。

もちろんいままでだって、スマホ上でテレビを見るように動画を見ることはできた。だが、スマホ独自に制作された動画は、どうしてもネット動画だった。テレビとは違うにおい、違う出演者、違う作り方、違う予算規模。何から何までネットだった。ところがAbemaTVの番組は明らかにテレビ番組だ。出演者も作り方も、そして画面から漂う予算感覚もテレビだ。テレビのにおいの番組をネットで見ることがこんなに新鮮とは思わなかった。

一方、テレビのゴールデンタイムの番組と比べるとそれはそれで違う。明らかに若者向けに、ドタバタとざっくばらんに作っているのも感じられた。また、テレビでは取りあげにくい題材を、テレビより長くじっくり取りあげることも多い。その意味では、夜8時頃から堂々と、深夜番組っぽい感覚で放送している。

ゴールデンタイムの地上波の番組は今や、おばさんくさい。旅行だの温泉だの、健康だのお掃除だのをとりあげる。若者からすると、“自分たちの“話題と思えないだろう。だから8時からでも若者の解放区めいた空気を帯びている。

メジャー感が必要だと、AbemaTVのコンセプトを作った藤田晋氏は言っていた。メディアと言える存在になるためにはメジャー感が欠かせないのだと。

そうすると、これからAbemaTVは舵取りをはっきりさせる局面が出てくるのではないだろうか。深夜の解放区みたいな空気を保ったままで「メジャー」なメディアになれるのか。そこは議論になるのだと私は思う。

スマホ動画はそういう、裏通りかメインストリームか、どっちをめざすことになるのか。これは映像メディア論のひとつの焦点になるだろう。だが論点はそこだけではない。

タテ型かヨコ型か、というシンプルな形式の話もあるだろう。ライブ配信が急激に増えている中、そこにどう対処する彼の問題もある。分散型メディアの話が出てきた中で、動画メディアなりの分散のさせ方も論点のひとつだ。そして何より、マネタイズ。広告メディアとしてどんなメニューを用意するのかは、最大の課題かもしれない。

11月14日に、セミナーを開催することになった。「スマホ動画の最前線」と題して、いま書いたような問題を議論してもらう。登壇するのは、AbemaTVの執行責任者である、サイバーエージェント取締役・卜部宏樹氏。C Channelの編集のリーダーシップを担ってきたHint代表取締役・山崎ひとみ氏。スマートニュースで動画広告を仕掛けるディレクター・松浦茂樹氏。

お三方にそれぞれ、スマホで見られる動画の傾向などをプレゼンテーションしてもらい、後半はホットなトピックをネタにディスカッションしていただく。まさにスマホ動画の最前線にいるお三方なら、生き生きした議論を繰り広げてくれるだろう。

ご興味あれば、ぜひご参加いただければと思う。

■SSK新社会システム研究所セミナー
【新しいコミュニケーショントレンドは分散型?ライブ?】
スマホ動画の最前線
~AbemaTV/C CHANNEL/Smartnewsから見える未来像~

11月14日(月) 14時〜16時30分
●パネリスト
(株)サイバーエージェント 取締役/(株)AbemaTV 取締役副社長 卜部 宏樹 氏
メディアプロデューサー/HINT,inc. 代表取締役 山崎 ひとみ 氏
スマートニュース(株) メディアコミュニケーション担当ディレクター 松浦 茂樹 氏
●企画・モデレーター
メディアコンサルタント 境 治

お申し込みは、こちら→SSKセミナー申し込みページ

※筆者が発行する「テレビとネットの横断業界誌Media Border」では、放送と通信の融合の最新の話題をお届けしています。月額660円(税別)。最初の2カ月はお試しとして課金されないので、興味あればご登録を。同テーマの勉強会への参加もしていただけます。→「テレビとネットの横断業界誌 Media Border」はこちら。購読は「読者登録する」ボタンを押す。

テレビとネットの横断業界誌MediaBorderのFacebookページはこちら

What can I do for you?
sakaiosamu62@gmail.com
@sakaiosamu
Follow at Facebook

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>