ジョブズの引退は、ビートルズの解散に次ぐ事件かもしれない

みなさん知っての通り、スティーブ・ジョブズが引退した。1993年以降のフリーランス生活をMacintoshを武器にやってきた身としては、どうしても感傷的にならざるをえない。

Appleというコンピュータ会社のCEOの引退は、ぼくにとってまるでアーティストやミュージシャンの引退に近い。そういう気持ちの人は世界中にいっぱいいるはずだ。世界に与えた影響で考えたら、ビートルズの解散と並びうる事件ではないかな。

コンピュータ会社のCEOの引退がこれほど精神的に大きいなんて、ね。

思い出したのだけど、去年の7月に三回連続で、自分にとってのMacとジョブズについてブログに書いた。まったくもって情緒性のみの、何の論評にもなってないのだけど、よかったらこの機に読んでください。
iPadが受継いでいるMacのメッセージ

スティーブ・ジョブズというロックンローラー

Rockの矛盾、Macの矛盾

ぼくもあらためて読んだら・・・ちょいと、ほろりと来ちゃった。スティーブ、おつかれさん!

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>