【お知らせ】コメント記入できなくなりました

今回はちゃんとした記事ではなく、ちょっとしたお知らせです。

このブログのコメントが、記入できなくなりました。理由は前回の記事のコメント欄を読んでもらえればわかると思います。このところの「コメント問題」については、心配してTwitterでDMくださる方もいて、ぼくとしても困ったなあと思っていた。ほっとくしかないよな、という姿勢だったのだけど、こう毎日だとホントに不気味に感じるようになってきて。ストーカーされるってこんな感覚なんだろうなあ。

コメント欄は、ここを通して仲よくなった方もいるので、記入不可にするのはぼくとしても惜しいのです。でも一方で、コメント欄って書いた人の素性がまったくわからないんだよね。Twitterだと、実名じゃなかったとしても、プロフィール欄の情報から、だいたいこんな人だとイメージはできる。

実名じゃなくても、意見を言う人が何らかの自分の立場なり興味なりを表明していることは、コミュニケーションのやり取り上すごく大きいと思う。実名か匿名かは本質ではない気がするんだよね。

話がそれたけど、とにかくそういう事情で、コメント記入は今後できなくなりました。でもこれまでのものは読めるようにしてあります。コメント欄もブログのコンテンツの一部だと思うのでね。(だから記入不可は避けたかったんだよなあ〜)

今後、ブログに関するご意見などは、TwitterやFacebookでお願いします。

Twitterは、左上にぼくのTLがあるでしょ?その「sakaiosamu」ってとこをクリックすると、Twitterのページが出てきて、ぼくをフォローできる。

Facebookでは、このブログのファンページ(ファンページという呼び方はもうしないらしいけど)をつくってある。タイトルは「境塾」といいます。http://www.facebook.com/SAKAIjyukuでアクセスしてもらえれば。Facebookアカウント持ってれば、コメントできるし、できれば「いいね!」ボタン押してください。

なんだい、じゃあTwitterかFacebookにアカウント持ってないと、コミュニケーションできないのかよ、ふん!とか思うかもしれないけど、もうねえ、そういう段階に突入しました。ブログとソーシャルを組み合わせてコミュニケーションを構築していく、そういう時代なんだからさ。

あ、ところで、いま佐々木俊尚さんの新著『キュレーションの時代』を読み進めています。これ、9日発売なんだけど献本いただいたのね(自慢!)。読み終わったら感想を書くので、お楽しみに!

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>