皮算用をはじめるぞ〜iPadから見えるコンテンツの未来・その16〜

昨日の記事はその意図に反して、プロローグ部分で紹介した@higekuma3さんの(少しだけ年上だとわかったのでやっぱり”さん”をつけることにした)ブログのiPhone物語りについて、グッとくるという反応が広がっていった。

彼はすぐさま「Appleのクラウドと、それ以外のクラウド」という次のエントリーで、本来の辛口コメントを交えながらiPhone物語りの企画意図を書いているので、うるうる来た皆さん、読もう。うるうるで頭がいっぱいの人は、何だそういう話だったの?と感じるのかも。

さてそれぐらい、クリーンな世界をジョブズがつくってくれようとしている中、iPadコンテンツとはどんな市場なのかを考えてみよう。とらぬたぬきの皮算用ってやつね。

iPadは何台売れたか。Appleはあまりそういう数字を明らかにしないのだけど、発売以来2カ月で米国で200万台、という数字が珍しく出てきた。それから、米国のある調査会社が4月に出した今後の世界での販売予測数は、今年700万台、2011年1400万台、2012年2000万台というものだった。合計すると、今後三年間で4000万台のiPadユーザーが世界で誕生するというわけ。4月以降の勢いからすると、もう少し上乗せして5000万台とか言っていいんじゃないかな。(大ざっぱすぎ?)

それから、iPadが火をつけたタブレットPC市場。これはまだ明確な予測数字を探し出せていない。でも少なくとも、他社タブレットは全部合わせてiPadと同じくらいあるいはそれ以上になると思う。同じと考えると5000万台。つまりこれから3年でタブレットPC全体が1億台行き渡ると考えてみよう。(ものすごく適当だね、しかし)

1億台のタブレットPCで、人びとは毎月どれくらいアプリや電子書籍などコンテンツを買うだろう。2週間使ってきたぼくの個人的実感としては月1000円ぐらい使うと思うんだよね。

でえー?そお?それはちょっと甘い予測なんじゃないの?って思う?

確かにいまぼくはちょっと使いすぎかなってところはある。仕事上の研究のためだし、買ったばかりでひと通り必要なものを揃えようとしているってのもある。Twitterアプリなんか3つで1800円も買ってしまった。iPhoneでは有料アプリは数えるほどしか買ってこなかったのに、これは不思議!

ただ、ここんとこ書いてきたように、iPadのコンテンツはなぜか高めの価格設定でも納得してしまう上に、いちいちクレジットカードを登録しなくてよいのでひとつのパスワードでほいほい買ってしまう。

それからね、ぼくたちはいろんなコンテンツにかなりの金額を使って過ごしているわけで。

例えば本。ぼくはさほどの読書家でもないけど、二三日に一度は書店にふらりと行ってしまう。アマゾンでついつい購入ボタンを押してしまう。すると月に数冊は買ってしまうよ。毎月5000円以上は使っていると思う。

映画館には娘を連れて月に一回くらいは行っている。DVDレンタルは最近はめっきり減ってしまったけど、一時期は毎週2本ぐらい借りて見ていた。

新聞は日経をとっているので、毎月4300円払っている。雑誌を買う頻度は気がつくとすごく減った。でも週刊ダイヤモンドなどのビジネス誌を月に2回ぐらいは買っている。

雑誌について言うと、思い返すと昔はもっともっと読んでいたなあ。90年代は毎週4誌のマンガ雑誌を買っていたし、Mac誌やファッション誌、ビジネス誌と、月に1万円ぐらいは平気で使っていたんじゃないかな。

そうやって支払っているコンテンツ代金の一部、1000円ぐらいがiPadに流れていっても、ちっともおかしくないんじゃないか。

月1000円、年12000円のお金が1億台のメディアタブレットで使われるとすると、1兆2000億円ということになる。うーん、あまりにも大ざっぱな算出方法だ。誰かもう少しちゃんと試算してくれないかなあ。まあでも、軽く1兆円ぐらいのコンテンツ市場になると言っていいんでない?

ただし、この1兆なんぼは、舞台が世界だ。世界だとしたら、なんだか大したことないね。

でもねえ、この世界中で1億台、金額で1兆円の市場には、あなどれないファクターがある。そしてそのファクターこそが実は最重要ポイントだったりする。あながちじゃないぞ、ということになってくる。

それはまた明日書くね。ぼくのブログ、ここんとこちょっと長すぎ。少しコンパクトにして進めていきますんで

追記:iPadもしくはタブレットPC全体の今後の市場予測について、このサイトにあったよなどの情報あったらコメントお願いします。私が思うにこれぐらいになりますな、という個人的な試算でも大歓迎!

Pocket

トラックバック用URL:

Facebookアカウントでもコメントできます!

コメント

  1. Appleプラットフォームでなんでも購入できるようになると思ってます。エロ本、エロビデオ以外は。Appleは、約款を変更したり、社名を変更したりして、徐々に、商圏を広げているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>